• 朝日スポーツキッズ スポーツ2020年12月号の話題

    朝日スポーツキッズ

    お問い合わせ
    Tel.04-7143-4021
    トップページ > 他競技

    少年少女スポーツニュースOther sports News

    少年少女スポーツ 2020年12月号の話題

    陸上

    2020白井交流大会 小中学生アスリートが躍動

    2020白井交流大会

    女子走り高跳びなどで好記録

     小中学生アスリートが練習の成果を競う「2020白井陸上交流大会」(白井アスレチックアカデミー主催、白井市体育協会陸上部共催、日刊スポーツ新聞社、朝日新聞販売会社エヌ・アイ・エス後援)が10月25日、白井市の白井運動公園陸上競技場であった。同市と近隣の小学4年生~中学3年生1033選手がエントリー。小学生14種目、中学生29種目が行われ、好記録が続出した。
     小学女子共通走り高跳びは、白井アスレチックアカデミー(SAA)の白野奏来さん(6年)が1㍍40で優勝した。県トップレベルの記録だ。白野さんは10月18日にあった日清食品カップ千葉県大会を1㍍29で制している。そのときの記録を大きく上回り、自己ベストを2㌢更新した。
     小学男子共通走り高跳びは大山翔汰君(SAA、6年)が1㍍30で勝った。大山君も県大会で1㍍37を跳んで優勝している。
     中学生の部では、全国中学生陸上競技大会2020(10月16~18日、横浜市)に出場した3選手が実力を証明してみせた。
     女子共通走り高跳びは村田楓夏さん(白井中3年)が、全国大会では跳べなかった1㍍60を1回目でクリア。全国大会5位に相当する記録で優勝した。村田さんはこのあとバーを1㍍63に上げ、自己ベスト(1㍍61)更新に挑んだが、惜しくも失敗した。
     男子共通走り幅跳びは6㍍56の記録を持つ浅田亮太君(原山中3年)が6㍍34で制し、女子1500㍍で全国大会に出場した澤井美結さん(西の原中3年)は800㍍2分18秒66、1500㍍4分44秒33で2種目制覇を果たした。

    チーム紹介

    松戸少年ラグビースクール リーダーシップを育む

     松戸市運動公園や陸上自衛隊松戸駐屯地グラウンドを拠点に活動する松戸少年ラグビースクールは、1976年発足。少年ミニラグビーの昨年のヒーローズカップ関東大会で6年生チームが上位20チームに入るなどの活躍が光る伝統あるチームだ。
     ラグビーの有名な合言葉「One For All,All For One 仲間を思い、仲間を信じる」をスクールスローガンに掲げ、幼児から中学3年生までのメンバーが学年別に分かれ、ヘッドコーチを中心にパスやタックルなどの練習に励んでいる。
     小学2年生以下は、タックルの代わりに腰につけたタグを取る「タグラグビー」で楽しみながら、高学年はコンビネーションプレーなどの組織的なラグビー練習で汗を流す。
     大芦誠校長は「上級生が下級生の面倒を見る優しいチームです。パスをつなぐ展開ラグビーを目指しています」「競技を通して多様性、協調性を育み、各世代でリーダーシップが取れる人になってほしい」と願いを込める。
     チームリーダーの鳥飼篤志選手(松戸市立栗ケ沢小6年)と山口椿眞選手(柏市立酒井根小6年)は共に「思いやりがあって、親しみやすいチームです。今の目標はNEC杯で決勝トーナメントに進出することです。みんなのお手本になるような生活態度を心がけて人間的にも成長したいです」と力強く語った。
     チームには現在、松戸、柏、流山、鎌ケ谷などの各市から約120人の選手が集結。練習は毎週日曜日の9時~12時。
     問い合わせは、ホームページhttps://mjrs.net/から。

    チーム紹介

    野田ジュニア陸上クラブ 自ら進んで行動できる人に

     野田市総合公園陸上競技場を拠点に活動する野田ジュニア陸上クラブ(戸邉光政代表)は、2003年発足。以来、全国小学生陸上競技交流大会の女子100㍍部門で優勝、全国小学生クロスカントリーリレー研修大会では準優勝に輝くなど、全国大会常連の強豪クラブだ。「練習は嘘をつかない」をモットーに、低学年は走る楽しさを感じながら基礎を身につけ、高学年は専門的な技術を取得し、体力向上に励む。
     クラブの指導者たちは「光る原石のような無限の可能性を秘めた子どもたちが集まっており、高い目標意識を持った選手が多いチーム」「子どもたちには、『言われてやる』のではなく『自ら進んでやる』ことができる大人に育ってほしい」と願っている。
     長距離男子キャプテンの宮澤正太選手(市立みずき小6年)は「みんなが練習に一生懸命取り組んでいるチームです。速いだけではなく、仲間と一緒にがんばれる強いチームにしたいです。目標は関東大会で優勝することです」と意気込みを語った。
     クラブには現在、野田、流山、柏、松戸、旭などの各市をはじめ、埼玉や茨城の遠方からも、小学1~6年生の計145人が集まる。練習は毎週土曜日の14時30分〜17時。問い合わせは、ホームページhttps://www.c-sqr.net/c/cs86933/から。




    ページトップへ戻る
    ページトップへ戻る

    今月の朝日スポーツキッズ

    WEB写真館

    SITE MENU

    Copyright(C) Asahi-Resuka All Rights Reserved.