あびこわんぱくだより

お問い合わせ
Tel.04-7143-4021
トップページ > 少年野球ニュース

我孫子市少年野球ニュースBaseball News

我孫子市少年野球の今月の話題

第43回春季大会我孫子市スポーツ少年団交流野球大会

第43回春季大会我孫子市スポーツ少年団交流野球大会

新6年生がチームを引っ張る
春季大会が開幕

我孫子市少年野球の2018年度がスタート。第43回春季大会我孫子市スポーツ少年団交流野球大会兼第40回千葉県スポーツ少年団軟式野球交流大会我孫子市予選兼第48回千葉県少年野球大会我孫子市予選の開会式が3月25日、同市少年野球場で行われ、13チーム(同大会には11チームが参戦)が参加した。
シーズンオフの猛練習で力をつけた球児たちが堂々とした行進で入場し、開会式が始まった。市内13チームが勢揃い、いよいよ新年度の始まりだ。昨年度優勝のリトルジャガーズから優勝旗と優勝杯、ブラックバードから準優勝杯、3位の布佐スパイダースから入賞杯が三田寺正人会長にそれぞれ返還され、各入賞チームに朝日新聞社からレプリカの楯が授与された。
三田寺会長は「新6年生を中心にこれから1年間を戦っていきます。新しいチームとなり、いろいろな個性が出て、各チームのカラーができてくるはずです。今大会には人数が足りなく2チームが参加できていません。友達をさそって少年野球を盛り上げてください」と挨拶した。来賓の星野順一郎市長は「大勢のみなさんに支えられながら春季大会が開催できることを大変うれしく思います。練習の成果を十二分に発揮し、自分を信じ、仲間を信じ、大会を通して悔いの無いようがんばってください」とエールを送った。

第43回春季大会我孫子市スポーツ少年団交流野球大会

市長をはじめ多くの来賓が見守る中、選手を代表し白山クラブの棚瀬智大主将が大きな声で「日頃の練習の成果を十分に発揮し、正々堂々と戦うことを誓います」と選手宣誓を行った。 式終了後、自分で考えたという宣誓文を読み上げた棚瀬君は「もう少し、はっきり発声したかったので、80点のできでした」と自己採点で振り返り、「優勝できるようにがんばります」と力強く語った。
開会式後、星野市長による始球式で開幕。春季大会の王者を決める決勝は4月8日、同球場で予定されている。

ページトップへ戻る

葛南フラワーズspan>

我孫子少年野球は
女子野球もサポート

葛南フラワーズ

開会式では、女子野球チーム葛南フラワーズ(我孫子市、浦安市、鎌ヶ谷市合同)前年度監督の檜山隆司さんから女子チームの活躍の様子が紹介され、仲間募集の呼びかけもあった。すでに参加が決まっている島田梨央さん(リトルキング)、朝倉未悠さん(同)、高間麻里愛さん(久寺家エラーズ)の3人が選手の前に立ち、練習の楽しさや、チームの魅力を伝えた。

ページトップへ戻る

春季大会開幕戦

白山クラブ2回戦進出

春季大会開幕戦

白山クラブ対布佐スパイダースの開幕戦。「走塁はどんどんチャレンジさせた」と話す白山の海老澤浩司監督の作戦どおり白山が積極的な走塁を見せ、初回、3番の竹中大貴君が相手のエラーで出塁すると盗塁で進塁。その後、暴投で三塁へ。続く4番棚瀬智大君が四球を選んだ。2死、一、三塁のチャンスにダブルスチールでホームインに成功。布佐の守備の乱れで追加点を挙げ、一回表に機動力を生かした白山が2得点した。

▽開幕戦
白山クラブ
20433 12
01001 2
布佐スパイダース

二回裏に布佐に1点を返されるも、三、四、五回で大量10得点を挙げ、試合を決定付けた。白山は3回の盗塁に失敗はするが9度成功し、果敢に次の塁を狙う姿勢が功を奏し、大量得点で勝利した。
試合後、白山クラブ海老澤監督は「走塁については満足している。投手の制球が悪かったが、捕手(寺田雄太郎君)が後ろに逸らさずがんばってくれた」と試合を振り返り「打撃を見直し2回戦に臨みます」と気を引き締めなおした。

ページトップへ戻る

春季大会組み合わせ抽選会span>

球春到来!
抽選会で主将 語る「最後まであきらめない」

春季大会組み合わせ抽選会

第43回春季大会我孫子市スポーツ少年団交流野球大会兼第40回千葉県スポーツ少年団軟式野球交流大会我孫子市予選兼第48回千葉県少年野球大会我孫子市予選の抽選会が3月11日、同市民体育館会議室で行われた。3チームの新主将が駆けつけ、25日に開幕した大会への意気込みを話してくれた。
試合中いっぱい声を出し元気あるチームと教えてくれた湖北フレンズの廣瀬大輔君は「1回戦は勝ちたい。その後は、1試合でも多く勝利したい」、素振りをいっぱいしてきたので打撃力に注目して欲しいと話す白山クラブの棚瀬智大君は「優勝を目標に最後まで諦めずに戦います」、走り込みや柔軟で走力を上げてきたブラックタイガースの成井聡君は「優勝して全国大会に行きたい」とそれぞれ話し、今季初の大会で出場11チームの頂点を目指した。
抽選会で、白山の棚瀬君が選手宣誓のくじ「7」を引き当て、選手を代表して宣誓を行うことが決定した。冬場のトレーニングで培った力を発揮し、春季大会で優勝するのは、どのチームか。決勝は、4月8日に我孫子市少年野球場で予定されている。

ページトップへ戻る

過去の話題

SITE MENU

Copyright(C) Asahi-Resuka All Rights Reserved.