朝日スポーツキッズ

お問い合わせ
Tel.04-7143-4021
トップページ > 少年サッカーニュース

サッカーニュースSoccer News

サッカーの今月の話題

松戸市長杯サッカー大会

松戸市長杯サッカー大会

まつひだいSC(A)3連覇で卒業V
FKをドンピシャヘッド

 第36回松戸市長杯争奪少年サッカートーナメント大会は2月11日、松戸運動公園陸上競技場で6年生の部決勝が行われ、まつひだいSC(A)が常盤平少年SC(A)を1―0で下し、3連覇を達成した。
▽決勝
 まつひだいSCA 1-0 常盤平少年SCA

 試合は前半3分にまつひだいが先制、左サイドの深い位置から高木淳君の精度の高いフリーキックを大江颯太郎君が頭で合わせゴールした。常盤平は早い時間帯での失点の影響か足が止まり気味に。まつひだいはさらに攻勢をかける。何とか追いつきたい常盤平は、青垣翔君が豪快なミドルシュートでゴールを狙うが惜しくも得点ならず前半を折り返した。
 後半は両チームともに再三ゴールを狙うも守備陣がふんばり無得点。まつひだいが前半の1点を守りきり優勝。卒業に花を添えた。

 主な結果は次のとおり
【6年生】①まつひだいSC(A)②常盤平少年SC(A)③六実SC(A)
【5年生】①ラビットキッカーズ(A)②まつひだいSC③常盤平少年SC(A)
【4年生】①トリプレッタSC②カンガルーFC(A)③六実SC(A)




ページトップへ戻る

東葛地区少年サッカー大会

東葛地区少年サッカー大会

県制覇に続き東葛も
トリプレッタがV

 東葛地区少年サッカー大会の4~6年の各学年決勝が昨年12月24日、日立柏サッカー場人工芝グラウンドで行なわれた。6年生以下の部は、第40回全日本少年サッカー大会千葉県大会を制したトリプレッタSC(松戸市)が柏ラッセルSCを2―0で下し、千葉県王者の実力を見せ優勝した。
 同大会は昨年5月に開幕。3~6年生以下の部の4つのカテゴリーに分かれて予選リーグを行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出。各学年、東葛地区の頂点を目指し、熱戦を展開した。
 5年生以下の部決勝は、柏レイソルU―11がトリプレッタにPK戦の末、勝利。4年生以下の部はカナリーニョFC(柏市)が柏エフォートFCを4―0の大差で破り、頂点に上りつめた。3年生以下は、流山市河川敷サッカー場で昨年11月13日に行なわれ、FCトリム(松戸市)がトリプレッタ(A)を3―0で下し、勝利を掴んだ。

 主な結果は次のとおり。
▽6年生以下の部 ①トリプレッタ②柏ラッセル③清水台FC(野田市)、まつひだいSCアズール(松戸市)
▽5年生以下の部 ①柏レイソルU―11②トリプレッタ③柏エフォート、常盤平少年SC(A)(松戸市)
▽4年生以下の部 ①カナリーニョ②柏エフォート③カンガルーFCオレンジ(松戸市)、DUCSC(松戸市)
▽3年生以下の部 ①トリム②トリプレッタ(A)③沼南JFC(柏市)、FCアクティブ柏ブルー




ページトップへ戻る

柏市民体育大会サッカー6年生

柏市民体育大会サッカー6年生

激闘制し柏ラッセルが優勝

 第62回柏市民体育大会サッカー競技は1月29日、6年生決勝が逆井運動場で行なわれ、柏ラッセル(A)がアクティブ柏(A)を延長戦の末、2―1で破り、優勝した。
 同大会は、昨年10月10日に開幕し、1年生~6年生が学年毎に分かれて、トーナメントで優勝を争った。
 1、2年生の決勝は昨年10月30日に行なわれていて、1年生が風早レクト、2年生は松葉SC(A)が優勝を決めている。3年生決勝は、同12月4日に行なわれ風早が栄冠を手にした。4、5年生は同日行われ、4年生が風早レクト、5年生は柏エフォートが各学年の頂点に立った。
 注目が集まる6年生の決勝は、前半6分過ぎにラッセルの長身FW中村地陽君がゴール前の混戦から振り向きざまにシュートを放ち、先制した。1―0とラッセルがリードして折り返した後半、ラッセルベンチからの「守りに回るな、攻めろ」の指示に従いアクティブ陣内に攻め込むラッセルだったが、同8分過ぎに一瞬の隙を突いたアクティブが同点ゴールを挙げた。その後は両チーム共に得点を挙げることができず5分ハーフの延長戦に突入した。
 延長前半1分、ゴール前の混戦からラッセルのMF向井銀次郎君が決勝点となるシュート決めて熱戦に終止符を打った。




ページトップへ戻る

今月の朝日スポーツキッズ

柏レイソル速報号外集発売中!

WEB写真館

SITE MENU

Copyright(C) Asahi-Resuka All Rights Reserved.